<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日焼け止め SPF値

最近、日差しが強くなってきたのを感じますね。
SPF値について、誤解されやすいことだなと思ったので、また取り上げてみます。


大概、日本の日焼け止めは、SPF50なのに対して、
オーストラリアの日焼け止めは、SPF30です。

これは、日本の製品がオーストラリアの製品よりすぐれている訳ではないのです。

結論からいうと、30以上の数値はあまりあてにならないので、
ちゃんと塗り直すことが大切ということです。

どうして値が違うのに?と思った方は、SPFのからくりは、以下の通りですので、
見てみて下さい。


この背景には、いくつかのポイントがあります。


最も大きな点は、国によって、表示できる最高値が設定されていること。

それが、日本は50ですが、オーストラリアは30です。
そのため、ある日焼け止め製品の実験上のSPF値が80だったとしても、
日本では50となりますし、オーストラリアでは30となってしまう訳です。

実際、日本の製品、オーストラリアの製品の実験上のSPF値はどうなっているかについては、http://wallaroos.exblog.jp/4172191/に書いています。

そちらに書きました通り、実際の日焼け止め効果としては、日本製も、オーストラリア製も変わらないということになると思います。

他の点
[PR]
by sara924 | 2007-12-15 22:18 | Goods

Flower Gifts

オーストラリアのお花、花束は、日本と比べて違うかと聞かれたことがありました。

ボーイフレンドから、バラの花束が届いたとか、
誕生日の日に、ボーイフレンドから、職場に(ここがポイント!)花束が届くなど、
お花をプレゼントするのは、日本以上に一般的に行われています。

随分前のことなのですが、私も職場の方から誕生日に、花束をいただき、
また最近も少し変わった花束を友人からいただいたので、紹介します。


b0046802_20555596.jpg


b0046802_20562621.jpg
バラなど日本で一般的に花束に使われる花と一緒に、
菊、アヤメなども一緒に花束に入っている点が、おもしろいですね。

b0046802_2059353.jpg


オーストラリア原産の花の花束です。
原産だと思うけど、もしかしたらアフリカ原産かもと聞きました。
元々、オーストラリア大陸とアフリカ大陸は、隣り合わせだったという歴史からかもしれません。

黄色い花は、紙のような感触の乾いた感じの花です。
茎がとても弱くて、日に日に傷んでしまったので、ドライフラワーにむく花だと思い、今、ドライフラワーを作っています。

時間があるときに、ひとつひとつ、花の名前を調べていきたいです。
[PR]
by sara924 | 2007-12-03 21:11 | others